アニモンダ公式サイト Q&A  猫について
猫について
Q1)日本では魚好きな猫が多いですが、アニモンダの商品を見ると魚よりお肉を使用したフードが充実しています。
ドイツの猫は魚よりもお肉を好んで食べるのでしょうか?
A1) 日本では昔から『猫には魚』という考えがございますが、肉食文化を持つドイツでは猫に魚よりもお肉を与える習慣がございます。
その為、魚よりもお肉を好む猫が多いようです。アニモンダ商品はその要求にこたえるため、お肉のバリエーションが豊富です。
Q2)猫には多くのタウリンが必要だということなのですが、アニモンダ猫用ペットフードにはタウリンを添加しているという表記がありません。大丈夫なのでしょうか?
A2) タウリンは猫の多くの代謝機能で重要な役割を果たします。 ご指摘のとおり猫は比較的多くのタウリンを必要とするので、
食事から多くのタウリンを摂取しなければなりません。アニモンダ猫用ペットフードに使用している高品質の生の動物性原料(肉類)は、
十分に多くの量の自然のタウリンを含んでいますので、添加物としてタウリンを加える必要はありません。
Q3)避妊・去勢手術をしていないのですが、フォムファインステン デラックス避妊・去勢用をあげても問題はないでしょうか?
A3) 避妊・去勢手術をすると太りやすくなる猫が多いため、カロリーを控えた避妊去勢用をお勧めしております。 フォムファインステン デラックス避妊・去勢用は、
【アダルト用】よりもカロリーを抑えて作られている商品ですが、栄養面の問題はありません。手術をしていない猫でも安心して与えていただけます。
Q4)フォムファインステン・デラックスドライはウェットと一緒にとありますが、ドライだけではダメなのでしょうか?
A4) フォムファインステン・デラックス ドライは、猫に必要な栄養を十分に摂取できますので、ドライフードのみのご使用でも問題はありません。
ただし、ドイツでは、「ひとつのものだけではなく、色々な食材から栄養を摂る」という考え方がございます。その考えに基づき、ドライフードだけではなく、
ドライフードと缶詰を一緒にあげていただくことをお勧めしております。これは、フォムファインステン・デラックスドライだけではなくラフィーネクロスドライにおいても同じです。
缶詰を併用していただくことで、味も変えて与えることができます。
Q5)フォムファインステン・デラックスドライとラフィーネクロスドライの違いがよく分からないです。何がどう違うのでしょうか?
A5) フォムファインステン・デラックスドライとラフィーネクロスドライの違いについては、使っている原材料が異なりますので、味が違います。
フォムファインステン・デラックスドライは鳥肉とお米、とうもろこしをメインにお作りしております。ラフィーネクロスドライはシリアル(小麦ととうもろこし)と数種類のお肉をメインにお作りしております。
フォムファインステン・デラックスドライはお肉を1種類でシンプルな味にしており、ラフィーネクロスドライは色々なお肉の味となっております。
カロリーは、フォムファインステン・デラックスドライ対し、ラフィーネクロスドライは低めに作られておりますので、ラフィーネクロスドライの方がカロリー計算上は多く食べられます。
逆に食が細い猫でしたら、フォムファインステン・デラックスドライの方が、少ない量でも摂取カロリーが高くなりますので、こちらをお勧めいたします。
粒の形状や、大きさも違いますので、猫が食べやすいほうをお選びください。

Q6)ラフィーネクロス ドライは粒により、それぞれ色が違うのですが、あの発色は何で着色されているのでしょうか?
自然色なのに鮮明に焼き工程後も残っているとは思いにくいのですが如何でしょうか?

A6) アニモンダ社の商品は全商品に関して着色料は一切使っておりません。ドライフードの色の違いは、製造過程において、原材料の組み合わせを調整することによって、
色の違いがでるようにしています。肉の種類の違いが色の差異の大きな要因です。
Q7)ラフィーネクロスドライはネコ下部尿路疾患などを考慮して作られているのでしょうか?
A7) もちろん、疾患を引き起こすような成分配合にはなっていませんが、療養食ではありませんので、疾患のある猫に与えるには注意が必要です。
疾患の内容程度にもよりますので、必ずかかりつけの獣医さんと相談の上、与えてください。
Q8)猫用ドライフード・ラフィーネクロスの原材料「シリアル」とは具体的には何ですか?
A8)「小麦」と「とうもろこし」です。
Q9)魚がメインの缶詰はありますか?お勧めを教えてください。
A9)お勧めはカーニー オーシャン シリーズです。上質なツナ、サーモンなどを使用しております。 その他にもお肉との混合ではありますが、お魚を使用した商品がございますので、
いろいろお試しいただきお気に入りの商品をお探しください。
Q10)アニモンダ カーニー オーシャンには、エビやイカなどが入っていますが、イカなどは猫が食べてはいけない部類ではないでしょうか?
A10) 猫には、魚介類(エビ・イカ他)に含まれるチアミナーゼがビタミンB1欠乏症を引き起こし、猫の身体に影響を及ぼすとされていますが、チアミナーゼは加熱することで簡単に破壊されます。
加熱処理をされていれば、チアミナーゼによるビタミンB1欠乏症は起きにくいということがこれまでの研究でわかっていますので、加熱処理されている缶詰内のイカやエビを適量なら食べさせて問題ありません。
Q11)カーニー オーシャン、フォムファインステン パウチの原産国はドイツではないのですか?
A11) カーニーオーシャン、フォムファインステン パウチはタイで生産されています。 この点に関しては「Dr.レディケのQ&AのQ3」に詳しく掲載されていますのでそちらをご覧下さい。
Q12)アニモンダ製品のツナを含む商品に見られるゼリー状のもの「ゼラチン」は添加物として加えられたものでしょうか?
食品添加物としての「ゼラチン」であれば、動物の骨や皮膚から化学的に抽出製造されると聞いており、狂牛病も心配です。
A12)アニモンダ製品の魚や肉を使った缶詰全種類に関して、人工添加物としてのゼラチンの使用は一切ありません。
製品にみられる油の塊のようなものは原料の加熱・冷却工程で生じる「ゼラチン」であり「にこごり」です。
また、狂牛病対策に関しては、犬猫のフードも人間用フードと同じ基準の安全性が確認された原料のみ使用しておりますのでご安心下さい。
Copyright(c) Germanpet Co.,Ltd. 2001 All rights reserved.