Dr.レディケのQ&A
Dr.レディケ氏とは? :アニモンダ社の製品開発および製造最高責任者であり、博士号の資格も取得しています。
Q1)カーニーおよびグランカルノシリーズはあえて冷凍でないフレッシュな肉を使うことにより差別化をしていますが、冷凍でなくフレッシュな肉を使うメリットは何ですか?
A1)Cats and dogs are carnivorous animals which means that the metabolism is adapted to digest meat. The use of fresh meat means the meat structure is to large extend preserved. The clearly visible meat pieces are evidence of this. The use of fresh meat ensures the natural and genuine meaty taste. Due to this we do not need to use any artificial taste intensifier.
和訳:
猫と犬は肉を消化するのに適した新陳代謝を有する肉食性の動物です。冷凍でないフレッシュな肉を使う理由は、冷凍肉よりも肉の構造がより多く広い範囲で保存されている為です。
はっきりと目で確認できる肉片はこの証です。フレッシュな肉を使うことによって自然で純粋な肉の味を確実に出すことが出来ますので、我々は一切人工的な香料を使う必要はありません。
Q2)なぜカーニー【オーシャン】、フォムファインステン【パウチ】はドイツ国内ではなくタイの工場で製造しているのですか?
A2) These products contain pure fish and delicious seafood which are prepared fresh. We are producing the products in a modern factory in Thailand.
The raw material coming from this country could not be topped by raw material from Europe due to the freshness.
In addition all ingredients are from fish or seafood which are fit for human consumption. And the fishes are prepared by hand.
This means a very gentle preparation of the meat. The scientific and technological equipment of the factory in Thailand agree to the European standard and is comparable to our own plant. Every production step is supervised and controlled as in Germany.
But the most important fact for the production in Thailand is the quality of the fish and seafood as mentioned before.
和訳:
これらの製品は新鮮なまま準備された魚そのものとおいしいシーフードを含んでいますが、これらの製品は確かにタイにある近代的な工場で製造しています。
タイで取れる新鮮な魚介類を新鮮なままヨーロッパに輸送することはできません。
また、これらの魚介類を材料とする成分はすべて人間が食べられるレベルのものですし、魚は手作業が多い材料でもありますので非常に慎重な扱いを要します。
これらの製品を製造しているタイ工場の製造設備はドイツにある我々の製造設備と比較しても劣らない欧州基準に合致した近代的なものですし、
全ての製造工程はドイツで我々が行なっているのと同じレベルで管理されています。
しかし、タイで製造する最大の理由は、先に述べたようにドイツで製造するよりタイで製造する方が品質の高い魚とシーフードを調達できるからです。

※この後詳しく確認したところによると、タイ工場はアニモンダ社の親会社ストックマイヤー社の自社工場であり、ストックマイヤー社が人間用シーフードを製造し欧州向けに輸入している
工場ということでした。また、タイは世界的に見てチキンの生産量が多い国ですので、その点からフォムファインステン【セレクト】はタイ工場での生産になっています。

Q3)フードにはジュニア、アダルト、シニアと区別がありますが、どのような点に気をつけて、 どういう製品作りがされているのでしょうか?
A3) For the nutrition of dogs and cats it is very important to consider the age of the animal. E. g. the phases of life.
Scientific research are showing that dogs and cats require different amount of nutrients.

1. Growth (Kitten and Puppies)
After birth growing cats and dogs need especially protein and energy and in addition special balanced amounts of calcium and phosphorous.
Regarding thesize of meat piece it has to be adapted to the size of the mouth and teeth.

2.Fully grown animals When the growth is finished adult animals require less protein and fat and a moderate of energy in their food.
Furthermore the balance of calcium, phosphorous, magnesium as well as sodium and potassium has to ideal to reach a urine-pH which is less than 6,8. Furthermore you have consider the vitamin

3. Senior animal
With increasing age the function of the body are decreasing e. g. the sense of smell is affected as well as teeth problems occurs.
Furthermore due to increasing life expectancy you have to consider less requirements in phosphorous and energy.
This is important to protect the function of the kidney.
In addition the requirements for certain trace elements and vitamins are increasing e. g. zinc , vitamin E. And in addition the balance of minerals has to be adapted to reach a urine-pH of 7 to avoid calcium oxalate uroliths.
Regarding the preparation of meat you have to have smaller pieces due to losses of teeth.

和訳:
犬猫の栄養管理を考える場合、年齢(ライフステージ)を考慮する事は非常に重要です。科学的研究結果により、犬猫はライフステージごとに異なる栄養素が必要なことがわかっています。

1.成長期(仔猫、仔犬用)
生後の成長期、仔猫と仔犬は特にタンパク質とカロリーを必要とします。それに加えカルシウムとリンとをバランスよく摂取することが必要です。フードの塊のサイズについても口と歯のサイズに合わせることが必要です。

2.成長期終了後
成長が止まった後は、タンパク質と脂肪、カロリーは成長期ほど必要ではなくなります。カルシウム、リン、マグネシウム、カリウム、ナトリウムのバランスをとり、尿のpHが6.8以下になるようにしなければいけません。さらにはビタミンの供給にも考慮が必要です。

3.シニア
年齢を重ねると体の機能が衰えてきます。例えば嗅覚の衰えが歯の衰えと同様に問題になってきます。
寿命を延ばすためリンとカロリーの摂り過ぎには注意しなければいけません。腎臓の機能を保護することが重要です。さらに亜鉛やビタミンEなどのトレースエレメントやビタミンがより多く必要になります。結石の予防のため、尿のpHが7になるように、ミネラルのバランスをとらねばなりません。
Q4)ドイツでは使用するペットフードの原料について厳しい規定があるということですが、 具体的にはどういう内容でしょうか?
A4-1) Basis for the use of animal raw materials is the Directive EU 1774/2002, in which the animal raw materials which may be used in the manufacture of petfood. This directive also contains the description: "Raw material fit for human consumption"
A4-1.和訳:
ペットフード製造に使用する 生の動物材料については、 法律(EU 1774/2002)で規定されているが、その中に生の動物材料に関しては 「人間の消費に適合するものでなければいけない。」と規定されている。
A4-2)In connection with the BSE crisis a number of laws have been passed whichclassify raw materials of animal origin into different risk groups. In thisconnection, with a view to high risk involved with raw materials fromruminants ? i.e. cows, calves, lambs and sheep ? the raw materials have beensub-classified into so-called "low risk" and "high risk" groups. In thepetfood industry only the "low risk" raw materials may be used. Thisregulation is stipulated under NR. 90/667. Furthermore this law stipulatesthat certain raw materials may not be used at all.
A4-2.和訳: BSE危機と関連して、生の動物材料を危険度に応じてグループ分けして管理するため 多くの法律が、可決された。その際、危険の高い部位を含む牛、子牛、子羊、羊などの反芻動物を 起源とする原料は、さらにその部位ごとに「危険の低いグループ」と「危険の高いグループ」に分類された。 ペットフード業界では、「危険の低いグループ」に分類された原料だけが使用を許された。 この規則は、法律NR.90/667に明記されています。
A4-3)In the conservation of wet food it is important that the food reflects acertain micro-biological struts after the heat treatment.This status is determined by certain microorganisms which should not remainin the food after sterilisation. Such a germ is e.g. clostridium botulinum.This germ is not stable to heat and dies off when a certain value isachieved in the sterilisation, the so-callsed F0-value.In the case of an F0-value of 3 clostridium botulinum dies. In order to havea safety margin, our sterilisation is orientated according to a higherF0-value. In order to be able to offer 100% safe products we achieve an F0value.
A4-3. 和訳:
ウェットフードの品質管理において、重要なことは熱処理殺菌後に例えばクロストリジウム・ ボツリヌス菌などの食物のなかに残ってはいけない特定の微生物を残さないことである。 殺菌のレベルは「FO-Value」によって規定されているが、Animonda社は通常クロストリジウム・ボツリヌス菌 などを死滅させることができ一般に採用されている「FO-Value3」ではなく、もう一段階厳しく100%の安全性を 達成できるとされている「FO-Value4」の規定に基づいて製造している。

*補足ですが、生の動物材料だけでなく、植物材料、添加物ほか全ての材料について「人間の消費に適合するものでなければいけない。」と規定されています。また、当然のことですが、出来上がった製品にそのものについても「人間の消費に適合するものでなければいけない。」と規定されています。

Q5)アニモンダ社は、ドライフードだけではなく、むしろ缶詰を多く使う食事を推奨していますが、その理由を教えてください。
A5)The nutrition with wet food does have the advantage that the dogs will ingest meat. Dry food products do mainly contain meat meal in different qualities which is defined technologicalwise. For the production of wet food cans we are using fresh meat. Cooled meat coming just directly fresh from slaughterhouse. Due to the freshness we can use the natural flavours which can be smelled by dogs.
In addition we can cut the meat in attractive and visible pieces which are visible by the dogowner.

Furthermore the protein from meat ? frozen or fresh- is higher digestible compared meat meal (dried meat).
And if you ask the dog for his preference, there is no doubt. Nearly every dogs would prepfer wet food even bigger breed.

和訳:
犬が肉を消化する上では、ウェットフードからの栄養摂取は、(ドライフードからの栄養摂取より)有利さがあります。
ドライフード製品は、機械的に処置された異なる品質の肉粉を主に含んでいますが、 ウェットフードの製造のためには、我々アニモンダ社は新鮮な肉を使っています。
直接屠殺場を出てきたばかりの(冷凍ではない)冷やされた状態の肉を使っています。
肉が 新鮮さであるために、我々は犬が嗅ぐことができる(肉そのものの持つ)自然の臭いを使うことができます。
それに加えて、我々は飼い主が目で確認できる程の、魅力的な大きさに肉をカットして使うことができます。
さらに、冷凍または生の肉から摂取するタンパク質は、(ドライフードの)肉粉から摂取する場合に比べればより消化しやすいです。
そして、もしあなたが犬に好みを聞いてみるならば、疑いなく ほとんどあらゆる犬は、ドライフードよりウェットフードが好きと言うでしょう。
Q6)アニモンダの一部のドライフードには原料としてビートパルプが使われています。ビートパルプについては否定的な意見も耳にするのですが、どういう目的で使われているのでしょうか?
A6)Beet pulp are coming from sugar beet. During the production of sugar for human consumption the residues of the plants can be used for the production
of pet food, in a dried form. Beet pulp are containing a lot of fiber, especially pectin.

The internal surface of intestine of the cat is a mucous membrane.
The intestine does have a big surface due to the fact that it is built up like fingers.
On these fingers the mucous membrane is located like “velvet”.
You can compare the surface of the intestine the the size of a football field.
Due to this there a lot of cells which have to be nourished. One part of the nutrition of these cells are short chain fatty acids.
If the cells do not receive enough of these fatty acids they will die. If the cells are the cat is ill (diarrhoea).

Therefore the food has to contains a certain amount of ingredients which can deliver these type to fatty acids.
But these fatty acids can be produced only from bacteria in the intestine of the cat.
For the production of the fatty acids the bacteria need substrate in form of fiber e.g. pectin .

The product Vom Feinsten Deluxe itself delivers all nutrients the cat need per day.
There is no risk of any lack of nutrients. Regarding the consistency of the feces this is influenced by several ingredients of the food not only by beet pulp.
The combination of many different ingredients are responsible for the consistency.
In addition please consider that we are adding a small amount of beet pulp only.
As mentioned above we are adding the quantity which are important for the metabolism of the cells of the mucous membrane.
Due to this the beet pulp are not a bad ingredient. Used in correct quantities there a lot of positive effects.
和訳:
ビートパルプは、甜菜からできています。 甜菜から人間用砂糖を製造する時に副産物としてできるものです。
このビートパルプは、多くの繊維(特にペクチン)を含んでおり、ペットフード生産のために使われます。
猫の腸内部の表面は、粘膜です。 腸は、内面が多数の指のような突起状の形状をしているため大きい表面積を持っています。
これらの突起状の表面を、粘膜がベルベットのように覆っています。 腸の表面積はサッカー場の面積に匹敵するほど大きな面積になります。
この大きな面積に存在する全ての細胞に栄養を供給しなければなりません。これらの細胞が必要とする栄養の一つは短鎖脂肪酸ですが、
細胞がこれらの脂肪酸の十分な量を受けとれない場合、細胞は死滅してしまいます。 細胞が死んでしまうと、猫は病気(下痢)になってしまい ます。
したがって、食物はこの種の脂肪酸を細胞に供給することができる成分を特定の量含んでいる事が必要ですが、これらの脂肪酸は、猫の腸内のバクテリアだけが作り出すことができます。
この脂肪酸を作るには、バクテ リアは栄養分として繊維(例えばペクチン)を必要とします。

Vom Feinsten Deluxeは、日常、猫が必要とする全ての栄養素を供給できる製品です。
栄養不足の危険性は全くありません。
糞便が堅くなる事に関していうと、これはビートパルプだけではなく、食物の他の色々な成分によって影響されます。 糞便の堅さは、原料とする多くの異なる成分の組合せの影響を受けます。
さらに言うと、我々はビートパルプをごく少量加えていることを考慮してください。 上記したように、我々は粘膜の細胞の代謝にとって必要な量だけを加えています。

以上のように、ビートパルプは、悪い成分ではありません。 正しい量を使うことによって多くの良い効果を得ることができます。
Q7)デラックスシリーズやプロテクトシリーズ猫用ドライフードに多いのですが、粒の形がよく変わるような気がします。どうなっているのでしょうか?
A7) We have checked the dry foods.The extrusion process is depending on several items which are influencing the kibble.
Size and form are influenced e. g. by the formualtion. In this case we are using a vey high amount of poultry meat meal which is very positive and high digestible for cats. Unfortunately this meal will create a very sensitive kibble which can bedestroyed very easily. So due to the high quality recipe it can be that some kibbles can break.
But we do not want to decrease the part of the poultry meal for more stable kibbles. We stay to our formulation becuase this is very acceptable by cats.
For the cats it does not really matter whether some kibbles are broken. But we will try to separate them during
和訳:
ライフードに関して調査しました。押出工程、成型工程は原材料成分に影響を受けますが、これらのフードの場合、アニモンダ社は猫にとってよい効果があり消化も良い鳥肉粉を、
非常に多い割合で使用しています。 不幸な事に、鳥肉粉を多くの割合で使うと粒が壊れやすくなってしまいます。このような高品質のレシピのためいくつかの粒は壊れてしまいますが、
我々は壊れにくい粒を作る為に、鳥肉粉の割合を下げたくありません。我々はこのレシピが、猫にとって非常に良いと考えていますので、このレシピを変えようとは思いません。
猫にとっては粒が多少壊れていても何も問題ありません。しかしならが、我々は今後壊れている粒を製造段階で取り除くよう努力していきます。
Q8)ドライフードに関し、合成保存料を使用していないのに、アメリカ系オーガニックドライフードの賞味期限(製造から1年間)より長く賞味期限がある(製造後1年半)のは何故でしょうか?
A8)Our dry food contain vitmain E and C. Both are antioxidants and prevet the fats against rancidicy.
Concerning the american organic products I gues that there is a difference concerning the raw materials.
和訳:
我々のドライフードはビタミンEとCを含有しています。両方共に、酸化防止作用と、脂肪が腐敗するのを防ぐ作用があります。アメリカ系オーガーニックフードと製造後の賞味期限に違いがあるのは、原材料に違いがあるからではないでしょうか?
Q9) グランカルノドライフードの原材料の中にブドウ抽出物とありますが・・・購入後に知ったのですが、ネットでレーズン・ブドウが犬猫にとって有害であるという記載を見つけてし まいました。 グランカルノに含まれるブドウ抽出物の有害性 は大丈夫でしょうか?
A9) We are using grape extracts. They are containing Polyphenols, so-called secondary plant substances.
They do have antioxidative effects and can catch surplus free radicals which can harm the body.
Please be sure that the extracts do not cause something to cats or dogs.
Please realize the people who are drinking red wine are more healthy . Red wine does contains these polyhenols.
和訳:
我々はブドウ抽出物(ブドウそのものではなく)を使用しています。ブドウ抽出物はポリフェノールを含んでおり、抗酸化作用があり活性酸素が体にダメージを与えるのを防ぐ効果があります。 ブドウ抽出物は猫や犬に何も害は与えません。人間にとっては赤ワインが健康に良いといわれていますが、赤ワインにはこのポリフェノールを含んでいます。
Q10) 猫フォムファインステン デラックス ドライには原材料に『加水分解鳥タンパク質』とありますが、『加水分解タンパク質』を作る際、塩酸と熱による加水分解法を使った場合、発がん性物質が少量生成されるという、疑いがあるそうです。 アニモンダで使用している、『加水分解鳥タンパク質』は大丈夫でしょうか?
A10) The hydrolyses of the poultry proteins is based on heat. The protein molecules will be splitted under pressure of 4 bar with a temperature of 142 celsius. There is not use of a chemical substance,
和訳:
(ネコ フォムファインステン デラックス ドライに使っている)加水分解タンパクは、摂氏142度4気圧の熱と圧力処理によって抽出しています。 化学物質は何一つ使用していません。
Q11) 今回カーニーオーシャンを購入しましたがこの缶詰のゼリー部分は本当に煮こごりなのでしょうか? 
カーニーフィッシュもそうなのですが、通常のタイ産の缶詰のようにカラギーナンで固めているように思えます。
煮こごりにしては固く、熱を加えても溶けてきません。
缶のラベル表示にはゼリー、カラギーナン、増粘多糖類、等の表示がないので、確認いただきたくお願いいたします。
A11) The jelly of Carny Ocean is produced with seed of the carob tree, in latin: Ceratonia siliqua. Other words can be St. John's bread.
The seeds can be used as a binding agent, The name of the seeds is locust beans.
There is no use of animal gelatine on our products in spite of the natural ones of the raw material used in Carny Kitten, Carny Adult or Carny Senior.
But we are not adding gelatine.
和訳:
カーニーオーシャンのゼリーは、"つなぎ"の目的で「いなご豆」を使っています。
カーニーキトン、アダルト、シニアには原材料から自然に染み出るゼラチン以外に他のゼラチンを加えたりしてはいません。

※整理しますと肉のカーニーシリーズの中身にみられるゼラチン状のものは、使ってある肉から染み出したゼラチンだけ(何も添加していない)ですが、
カーニーオーシャンの中身のゼリー状のものは、魚から染み出たゼラチンだけではなく「いなご豆」を"つなぎ"のために使ってあるということです。
Copyright(c) Germanpet Co.,Ltd. 2001 All rights reserved.