商品について
Q1)アニモンダのペットフードは総合栄養食ですか?
A1)アニモンダのペットフードは総合栄養食ですか?
アメリカ製のペットフードとは違いドイツ製ペットフードに総合栄養食という概念はありません。
アメリカ製のペットフードは「同じものを食べさせ続ける」ということを前提にしているものが多いため総合栄養食という認定が必要なのでしょうが、
ドイツ製ペットフードは、「いろんなものを食餌として与える」ということを前提に作られていますのでそもそも総合栄養食という概念がありません。
いろいろな食材を食べさせてこそペットは幸せかつ健康でいられるという考え方に基づいています。
【補足】
一般的にはAAFCOの基準(水とペットフードだけを食べて生きれる)をクリアした商品が、ペットフードの「総合栄養食」と称されています。
AAFCO(アアフコ)とは、(Association of American Feed ControlOfficials)米国飼料検査官協会のペットフードの栄養基準ですが、
ANIMONDAフードは1種類だけでも、必要カロリーを摂取すれば健康上にそれほど問題がないという意味では、「総合栄養食」と表現してもよいと思います。
ただし、人の食事を「総合栄養食」と呼ばないように、ペットの食事も「総合栄養食」という呼び方はしないのがドイツの ANIMONDAのフードの考え方です。
レディケ博士ANIMONDA輸入担当者の総合栄養食についての会話を載せてみます。

担当者「ANIMONDAは総合栄養食ですか?」と、よく質問されますが、お客様へなんと答えればよろしいでしょうか?」
レディケ博士:「総合栄養食とは何でしょうか?アニモンダのフードはおやつ以外、ドライ、缶詰ともに全てどれか1種類だけ食べ続けたとしても問題なく生きていけるし、
そういう意味でよければ全品が総合栄養食です。いろいろ与えた方が、犬、猫のことを考えたらよりよいことでしょうが、 アレルギーや、偏食の犬猫が1種類しか食べられないからと
いって健康上、それほど心配する事はありません。そもそも食べ物に「総合栄養食」なんていう漠然とした基準を設けること自体おかしいのではないですか!?」

Q2)アニモンダの商品は添加物を使用していますか?
A2)人工的な保存料、香料、着色料は一切使用していません。 また、遺伝子組み換え食物なども一切使用していません。
栄養補給・酸化防止のため天然のビタミンA、ビタミンD3、ビタミンEを添加しています。
Q3)アニモンダ社製品の狂牛病対策は大丈夫でしょうか?
A3) アニモンダ社は人間用の食肉卸業者、ストックマイヤー社の子会社です。その為、アニモンダの製品の肉は、人間用の食材のみを使用しています。
英国から輸入された牛肉や死亡した牛、病気の牛、人間用には卸さない食材は一切使用していません。もちろん、厳しい検査を受けていますので、狂牛病対策も万全です。
生産国ドイツから輸出するさいにも厳しい検査があり、クリアしないと輸出できなくなっています。
Q4)ドイツでのペットフードの原料についての規定内容とは?
A4)ペットフード製造に使用する生の動物性材料、植物性材料、添加物ほか、全ての材料について「人間の消費に適合するものでなければいけない」と法律(EU1774/2002)で規定されています。
Q5)インテグラの分析値をみると、数値が2種類(OS,TS)ありますがなぜですか?
A5)OS(Original Substance)はその製品の100gあたりの分析値を示しています。TS(Dry matter)はその製品を乾燥させた(水分量0%)状態での100gあたりの分析値を示しています。
他の商品や他社の商品と比較する際、同じ水分量での比較が難しいためTSを表示しております。
Q6)缶詰(ウェットフード)を推奨し、種類が多い理由とは?
A6) 犬も猫も、もともとは肉食動物です。肉を消化するうえでは、缶詰(ウェットフード)からの栄養摂取は、ドライフードからの栄養摂取より有利さがあります。
Q7)フードの輸入には船便ですが、運送期間はどれくらいかかるのでしょうか?また、日本での保管はどのようにしていますか?
A7) ドイツからはリファーコンテナ(10℃前後の定温コンテナ)で運送しています。輸送期間はおよそ1ヶ月程度です。
日本国内ではワインと同じく18℃前後の定温倉庫で保管していますので、品質管理も充実しています。
Q8) 一日の給与量を教えてください。
A8) フードの量には個体差があります。体格、年齢、環境、季節、運動量、体質などにより、同じ種類の同じ性別の犬・猫でもずいぶん違ってきます。
フードのパッケージに記載されているのは、あくまでも目安量です。参考程度にしてください。
アニモンダ社製品には、便を固める作用のある成分が含まれていないため、便の状態が健康のバロメーターとしてわかりやすいと思います。
量の加減の目安としては、便が細く硬いとフード量が少ない、やわらかすぎると多く与えすぎ、便がほどよい状態であればフード量も適切だと考えてよいでしょう。
Q9) アニモンダの賞味期限(消費期限)の見方を教えてください。
A9) 010114なら 左から日・月・西暦になりますので、 2014年01月01日となります。
Q10) 缶詰の保存方法ですが、常温保存で大丈夫ですか?
A10) 缶詰の場合、密閉し加熱殺菌がなされていますので、空気による酸化や菌の繁殖による傷みがないため常温で保存可能です。
夏の暑い日でも、特に高温になる直射日光の当たるような場所等に保管されていない限りは常温保管で大丈夫です。
ただし、いったん開封すると生肉と同じ扱いをする必要があります。必ず冷蔵庫に保管の上、2日以内を目途にご利用ください。
Q11) ドライフードはどのように保存すればいいでしょうか?
A11)未開封のドライフードは直射日光を避けた涼しい場所で保管して下さい。 開封後は1カ月を目安に使用していただき、湿度が高い時期は密閉容器に移し、冷暗所で保存してください。

※アニモンダドライフード袋の内側に取付けられたジッパーは、袋を密封するために設けられたものではなく、中身がこぼれないようにするために設けられた簡易的なものですので、ジッパーにより袋が密閉されない事を理由とする交換、返品には応じかねますので予めご了承ください。 開封後は密封容器に移すことをお勧めいたします。
Q12)ドライフードの色が時期により多少変るような気がしますが何故でしょうか?
A12)フード全般について着色は一切しておりませんので、色は原材料の色そのものということになりますが、原材料の色が時期的に若干変化するため、夏期製造商品は色が若干濃く、
冬期製造商品は色が若干薄くなる傾向があります。ドライフードの製造工程で油の吹付け具合が異なり、色や臭いが違って見える場合もございます。
また、同一商品でも年間を通して形状、サイズ、色が異なる場合がございます。
Q13)グランカルノ ドライフードの粒の表面が白くなったものがありますが、カビではないでしょうか?
A13)粒を温めて、白いものが溶けるようでしたら、ドライフードに含まる油分が冷えて固まったものの可能性があります。
温めても、白いものがなくならない場合はカビの発生も考えられますので、お問い合わせくださいませ。
Q14)メニューがたくさんあって、どれを選んでよいかわかりません。
A14)まずは、年齢・アレルギーの有無、そして内容量からお選びください。 また、お肉だけのもの、野菜や炭水化物の混ざっているもの、お肉のコンビネーションもいろいろとあるので、
その子に合うものを選んであげてください。 毎日同じメニューでは栄養が偏り、飽きてしまいます。時々、メニューを変えてみてはいかがでしょうか。
Q15)フードにはパピー・キツン用、アダルト用、シニア用とありますが、それぞれの目安となる適応年齢を教えてください。
A15)仔犬、仔猫用は通常1歳前後、長くても1歳半位まで、アダルト用はそれ以降7歳くらいまで、 シニア用は7歳以降が目安です。
Q16)生後何カ月くらいからキツン(仔猫用)、パピー(仔犬用)のフードを与え始めるのがいいでしょうか?
A16)歯が生え始め離乳をする生後30〜45日頃からキツン、パピーのフードを与え始めてください。
ドライフードは細かくし、ミルクやぬるま湯と混ぜてあげてください。ウェットフードも大きな塊がないものを与えてあげてください。
同じものを与え続けるのではなく、毎日味の変化をつけると、成猫、成犬になった時に好き嫌いが少なくなります。
Q17)アニモンダの肉缶全般について、塩っぽい感じがするのですが、塩が添加されているのですか?
A17) 筋肉部分については特にミネラル分が多いため塩気を感じることがありますが、これは肉そのものの味で塩を添加したものではありません。
塩っぽく感じるのは筋肉質が良好な状態で保たれているためで、とくにグランカルノ、カーニーシリーズは冷凍肉ではなく、生肉を材料として使用しているためその傾向が強いと思います。
Q18)ハムやソーセージやチーズを使っていますが、塩分は高くはならないのでしょうか?
A18) 材料に使用しているハム、ソーセージ、チーズ自体の塩分濃度が高くないため、塩分濃度は低く抑えられています。
Q19)全ての商品のリンとマグネシウムの数値は公開されないのでしょうか?
A19) 現在のところ数値が公開されている商品に関しましては、ホームページ,総合カタログに掲載しております。
未公開の商品に関しましては今後データを入手できた場合には随時公開させて頂きます。
Q20)鳥肉と鶏肉と2種類印字されていますが、この違いはなんでしょうか?
A20) 『鳥肉』はニワトリの肉の他に鴨肉・七面鳥肉・ガチョウ肉などを混ぜたお肉です。 『鶏肉』はニワトリの肉のみを使用したものです。
Q21)野鳥獣とはどんなお肉を使っているのですか?
A21) 主にウサギとシカです。
Q22) ビール酵母には、どのような効果があるのですか?
A22) 消化力を高め、胃腸の調子を整える効果があります。
Q23)アザミオイルには、どのような効果があるのですか?
A23) アザミオイルは、ほかのどの植物性油よりも不飽和脂肪酸すなわちリノール酸を豊富に含んでいます。またアザミオイルは、リノール酸のほか、ビタミンEももたらしてくれます。
リノール酸は、正常な皮膚機能を維持し、また傷の回復・繁殖・成長に不可欠なもので、皮膚の乾燥や心臓機能の不調など、様々な体の不調を予防するのに大変役立ちます。
Q24)「野菜蛋白抽出物」とは何ですか?
A24)加水分解植物性たんぱくです。具体的な野菜の種類は明示できませんが加水分解方式によって抽出された、野菜のエキスです。
アレルギーへの影響は極めて低いとアニモンダ社から報告がございます。
Q25)ハーブと表記されていますが、どんな種類のハーブが使用されていますか?
A25)以下のハーブを組み合わせて使用しています。 Thymian  タイム ,Basilikum バジル,Petersilie パセリ,Majoran マジョラノ, Estragon エストラゴン,Kerbel カウパセリ,Bohnenkraut キダチハッカ, Liebstockblätter ロベージ/ラビッジ,Oregano オレガノ
Q26)ミネラル、ビタミンの製造国、メーカーを教えて下さい。
A26)おもにドイツで一部他のEU圏内のものがあります。具体的なメーカー名は明示できません。
Q27)商品の製造後の賞味期限はどれほどですか?
A27)製造後の賞味期限は、缶詰は約2年、ドライフードは約1年半です。
Q28)牛肉や小麦にアレルギーがあります。おすすめのフードはありますか?
A28)アレルギー対応の「インテグラ プロテクト センシティブ」シリーズがございます。
アレルギーの原因となるアレルゲンを減らし、厳選された1種類のタンパク質、1種類の穀物のみを 使用しています。
ドライフードもウェットフードも、アレルギーが起こりにくい、厳選した食材を使用しています。
栄養バランスに優れいるので、アレルギーの無い場合でも与えることができます。
Q29)アニモンダにはダイエットフードがありませんが、肥満気味なのでカロリーが低いフードを探しています。
A29)インテグラプロテクト ダイエットケアをお勧めします。インテグラプロテクト ダイエットケアは肥満に悩む犬、猫用のセラピー食です。
高品質のたんぱく質を多く含ませ、脂肪分をカットしてカロリーを大幅に抑えたダイエットフードで、植物繊維質をやや多めに混合させてさらに体重減量を補助します。
インテグラ プロテクト ダイエットケア ドライフードと、インテグラプロテクト ダイエットケアウェットフードと合わせて与えてください。
Q30)プロテクトシリーズに豚肉が使われていますが、トキソプラズマに対応した加工はされているのですか?
A30)トキソプラズマは生肉や加熱が不十分な肉を食べることにより感染しますが、アニモンダの製品の場合は、缶詰にしてもドライにしても充分に加熱殺菌されていますので、
トキソプラズマに感染する危険性は全くありません。
Q31)アニモンダの一部ドライフードの原料にはビートパルプが使われていますが、他社製品でビートパルプ生産の際、
化学物質を使用するという話を聞いた事があるのですが、この製品 に関してはどうでしょうか?
A31)ビートパルプは、砂糖を製造する際に発生する副産物ですが、ビートパルプはお湯による砂糖融解の後、残ったものです。
弊社の製品はこれらのパルプを乾燥させたもので、生産の際、化学物質は全く使用していませんし付加していません。
Q32)インテグラプロテクト・ウェットフードニーレンとpHバランスに使われている油脂類とあるのは動物性油脂ですか、植物性油脂ですか?
また油脂の酸化を防ぐ為の薬剤を教えて下さい。
A32)ひまわり油です。 酸化を防ぐため天然のビタミンEが添加されています。
Q33)癌(ガン)の犬、猫にお勧めのフードはありますか?
A33)残念ながら癌の犬、猫にお勧めできるフードはありません。 人間でもがん用の食事がないのと同じです。
がんの場合、@有意義な生涯を全うできるよう食べたい物を食べて楽しむ。 Aできれば体に負担が少ないように消化がよく、さらに栄養価が高く体力がつけられるもの、
を基本と 考え、おいしく、消化に良く、栄養価が高い上質な缶詰を、好みに応じて与えるのが良いと思います。
Q34)商品の中に明らかに大きさと色の違う粒が入っていました。
A34)粒の違いには大きく2種類の原因がございます。
@油分の噴霧量の違いによる色違い(濃淡)、エクストレーダー(粒の大きさや形状を設定する機械)の調整もしくは設定の間違いによる大きさ、形状の違い。
A別のフードの残渣混入。製造切り替え時に清掃が不十分だったことによる粒の混入 アニモンダのドライフードはドイツとオランダにある自社工場で製造されており、
こちらの工場では、他のメーカーのフードも請け負って製造することがございます。 アニモンダフードの犬用・猫用ともに同じ粒が無かった場合、
他メーカーのフードの粒が混入したものと考えられます。※具体的なメーカー名は申し訳ございませんが、特定いたしかねます。
ただ、アニモンダと同様、犬猫たちにとって安全なフードを製造しておりますメーカーです。
ドライフードの製造は商品毎に行われ、製造の切り替え時に機械の清掃が行われています。
機械内部に残っております粒は通常取り除かれますが、まれに機械内部の溝など細部に前に製造した粒が残ってしまうことがございます。
この残ってしまった粒が、今回混入したものと思われます。 違う粒が発見された場合は、お手数ですがお客様サポート(0120-68-0112)までご連絡ください。
Q35)フード製造の切り替えの際の清掃方法とは?
A35)この際に行われる清掃ですが、洗浄液は使用せず、一定の時間、空の状態で機械を運転し、中に残っている粒を全部排出するという作業になります。
また定期的に機械の洗浄処理をする事がございますが、その際は有害な洗浄液を使用するのではなく、 高温スチーム洗浄を行います。
アニモンダ社は衛生管理手法のひとつ、【HACCP】の認証を取得し採用しております。
Copyright(c) Germanpet Co.,Ltd. 2001 All rights reserved.