良いキャットフードとは

良いキャットフードとは

猫の飼い主はどうすれば良いキャットフードを選べるのか頭を悩ませることでしょう。ここでは、キャットフードを購入するときに何に注意するべきかヒントを紹介します。

世界には多くのキャットフードがあります。専門店でもオンラインショップでも、新しく猫を飼い始めた飼い主は膨大な種類のフードに直面し、どれを選ぶべきかわからないことがよくあります。良いフードは健康的なキャットライフの基本です。しかし、どうすれば良いフードを見分けられるでしょう?どの種類の食べ物が最適ですか?ウェットフード、ドライフード、または両方の組み合わせ?幸いなことに、コンプリートフードを選択している限り、ウェットフードまたはドライフード、またはその2つの組み合わせでも健康的な食事を与えることができます。

良いキャットフードの特徴

良いキャットフードは、高品質の肉質の原材料を高い割合で含む必要があります。キャットフードはナチュラルで添加物の少ないものでなければならず、砂糖、人工香料、人工着色料、保存料を加えたものではいけません。製品のパッケージには、選ぶときに重要な情報が記載されています。 そして、アニモンダは猫に必要なすべての必須ミネラルとビタミンを摂取できるさまざまな製品を提供しています。

年齢にあったキャットフード

最高のキャットフードでも、猫の全てのライフステージにおいて最適というわけではなく、猫の年齢を踏まえて選ばなければなりません。猫にあった栄養バランスは年齢の各段階で異なり、子猫は健康的な成長のために大量のカロリーと高品質のタンパク質、ミネラルを必要とします。成猫の場合、必要なカロリーはその活動傾向と生活環境が屋内か屋外かによって異なります。一方、シニア猫(7歳以上)は静かな生活を好む傾向があります。したがって、優れたキャットフードとは、猫に必要なすべての必須栄養素を含むだけではなく、それぞれのライフステージにあった栄養バランスを満たす必要があります。

また、病気の猫のために獣医の治療をサポートできる食事療法もあります。例えば、アニモンダの猫用療法食インテグラプロテクトは、慢性腎不全、尿路結石、糖尿病、下痢、食物アレルギーに苦しむ猫のための食事療法食品を提供します。

ウェットとドライどちらがいいの?

多くの猫の飼い主はどんなフードが良いかを知りたいだけでなく、猫にとってウェットフードとドライフードのどちらが良い選択かを知りたいと思っています。基本的にはウェットフードが猫本来の食事に最も近いと言えます。元々、野生の猫の食事は通常ネズミであり、ネズミの体は約70%が液体です。この含水率は、ウェットキャットフードの含水率によく似ています。猫はかつて砂漠の動物だったので、水分をあまり摂取しない傾向があります。そのため、猫は水分の多い食物を食べることで、必要な水分量のほとんどを賄うことができます。猫はドライフードだけで飼うこともできますが、その場合、必ずウォーターボウルを用意して必要な水分量を補う必要があります。

フードの価格はどれくらいが適正ですか?

良いキャットフードはそれなりの価格になりますが、必ずしも高価である必要はありません。アニモンダは非常に優れた価格/品質比実現し、高品質のキャットフードを適正価格で提供しています。猫のフードを変更する場合、または初めて猫のフードを選ぶ場合には、次の質問に回答してみてください。

  • コンプリートフードですか?
  • 猫のライフステージ(年齢)に適していますか?
  • 肉成分をどの位含んでいますか?
  • 砂糖や風味増強剤は含まれていませんか?
  • 人工着色料や保存料は含まれていませんか?

しかし、忘れてはならないことが1つあります。フードは猫が美味しく食べてくれる物でなければなりません。猫は好き嫌いが多い動物です。そこでアニモンダはさまざまな味の良質なコンプリートフードを揃えているので、すべての猫にあったフードを必ず見つけることができるでしょう。

出典 アニモンダ社ドイツWEB

アニモンダ キャットフード


  • フォムファインステン アダルト 鳥・牛・豚・子牛

    詳細を見る

     


  • フォムファインステン デラックス アダルト 250g

    詳細を見る

     


  • カーニー ミート アダルト 七面鳥・子羊肉

    詳細を見る

     


  • ラフィーネ チャンク with ソース アダルト 鶏・鴨・パスタ

    詳細を見る

     


  • ミルキース クランキービッツ ウェルネス ビオチン&ビタミン

    詳細を見る